JARO 公益社団法人 日本広告審査機構

JARO 公益社団法人 日本広告審査機構

メニュー

とじる

広告トピックADVERTISING TOPIC

閉店セールのイメージ
  • 景品表示法

小売業

「閉店セール」と表示しているのに閉店しない店は問題では?

  • 「『閉店セール』と看板に大きく表示している店がありますが、一向に閉店しないのは問題ではないでしょうか。
  •  「閉店セール」とうたうことが全て問題なわけではありません。「閉店」という表示に法的な定義がないため、店側が考える「閉店」の意味と消費者が「閉店」という表示から受ける意味とに、乖離が生じることが多いと考えられます。

    例1「閉店セール」とうたっており、本当に3週間後に閉店しました。 この場合は本当のことをうたっており、事実に即した表示であって問題とは言えません。

    例2「閉店セール」とうたっており、3ヶ月以上も同様の表示をしていますが、一向に閉店する様子がありません。店側に連絡すると「閉店予定でしたが、社内事情により時期が延びてしまいました」との回答。何らかの事情がある場合でも、長期にわたり「閉店セール」を続ける場合は、景品表示法上、問題となるおそれがあります。

    例3「閉店セール」とうたっており、実際は何年も閉店していない。 全く閉店する予定もないのに「閉店セール」とうたうことは、「在庫処分のために安く販売しているだろう」という誤認を消費者に与え、景品表示法上の不当表示となるおそれがあります。

     また、何年も「閉店セール」と表示しながら半年に1回程度、棚卸しを目的として数日間休業を繰り返し、それを「改装のための閉店」と定義付けている店も存在します。「閉店セール」とうたうために根拠を自作するようなやり方は望ましくありません。
     自宅に近い店であれば、年中「閉店セール」を実施している「閉店商法」だと知っている住民は多いでしょう。しかし、出かけた先の初めての店等ではその店の実態は分かりません。閉店することへの同情心や、通常価格より格別に安いとの思い込みから、大量買いしてしまうケースがあるようです。購入を決める前に、地元の人にどのくらいの期間「閉店セール」と表示されているか等、その店の評判を尋ねてみることをお勧めします。

関連するトピック