JARO 公益社団法人 日本広告審査機構

JARO 公益社団法人 日本広告審査機構

メニュー

とじる

広告トピックADVERTISING TOPIC

車検のイメージ
  • その他の法律・自主規制

小売業

「車検がディーラーよりお得」とありますが内容が不明瞭では?

  •  車検整備のチラシに、「車検 ディーラーよりお得で安心です」「軽自動車¥65,000、小型自動車1t未満¥85,000、中型自動車1.5t未満¥95,000、大型自動車2t未満¥105,000」と表示されていました。一見、その金額だけで車検ができるものと思わせますが、実際の車検時には公的費用として自動車重量税、自賠責保険料などが必要なはずなのに、それらの費用が含まれているのかどうか分かりません。また、整備価格の目安として「エンジンオイル交換¥2,800~」などの記載はありますが、車検時に追加整備が必要な場合、部品交換などで別途費用がかかることが記載されていません。このチラシの表示は問題ではないでしょうか。
  •  広告主に照会したところ、「チラシに記載された車検料金には、車検整備料、自動車重量税、自賠責保険、印紙代、車検代行料、法定24カ月点検の料金が含まれます。しかし、車検の際、ブレーキパッドなど部品交換が発生した場合は、顧客の了解を得た上で、チラシの『車検』とは別の『整備』の欄に記載されている料金を請求することがありますが、その旨の記載がされていないため、不明瞭な料金表示になってしまいました。また、『ディーラーよりお得で安心』とは、チラシ裏面にある『車両の点検が無料』の意味であり、車両のレポートを渡していますので『安心』という言葉を使用しました。今回ご指摘を受けて、在庫分のチラシは廃棄し、次回のチラシからは別途料金が発生する場合があることを記載するとともに、『ディーラーよりお得で安心』という根拠が不明瞭な表示は行いません」との回答がありました。
     一般消費者は車検料金の明細を十分理解しているわけではないので、その内訳を明示することが望ましく、また、「車検」と「整備」との関連性についての説明や、部品交換などが必要となった場合に別途料金が発生する場合があることなどを補足し、消費者にとってより分かりやすい表示を行うことが必要です。
    なお、車検整備については2005年5月24日付で、当時の公正取引委員会が「車検整備に関する表示の実態調査について」を公表し、問題のある表示例を挙げています。また、これを受けて、日本自動車整備振興会連合会が車検整備に関する望ましい表示として「車検整備PRチラシ等作成時の留意事項」を作成しています。今後はこの留意事項に準拠した表示を行うべきです。また、「ディーラーよりお得で安心」という表示も、合理的根拠がない場合には、公正な比較とはいえないと考えられるため、安易な使用は避けるべきです。

     今後は、消費者の立場から、親切で分かりやすい広告・表示に努めるよう提言しました。

関連するトピック