JARO 公益社団法人 日本広告審査機構

JARO 公益社団法人 日本広告審査機構

メニュー

とじる

広告トピックADVERTISING TOPIC

金色の財布と1万円札
  • 景品表示法

衣類・身の回り品

金運が良くなるという風水の財布、本当なの?

  •  新聞折込広告で、「あなたに大金運を授ける驚異の風水パワー」と称した財布の通信販売を見ました。広告にはこれ以外に、「夢の億万長者になれた! 突然、金回りが良くなった! 何をやっても大儲けできる!」とか、「大きな家と別荘が持てました」「宝くじでまさかの1等が大当たり」などの体験談も掲載されていました。そして、金運に恵まれる理由として、この財布の黄色がお金を引きつける力を持っているため、と説明しています。
     この財布を持つだけで大金が手に入るなどは本当なのでしょうか。このような広告をすることは許されるのでしょうか。
  •  体験談が事実と異なるものであれば、不当表示のおそれがあります。常識的に考えて、財布自体にお金を引きつける力があるとは考えられないし、非科学的な広告なので、根拠を立証することもできません。持っていれば何となく気分が良くなるという感覚で、最終的に買うかどうかは消費者の判断次第ということになります。
     なお、金運が良くなるという財布について、広告に掲載された体験談が販売会社による創作であったこと、調査や著名科学者の実験などが実際には行われていなかったことなどから、2003年12月に公正取引委員会が排除命令を行っています。

関連するトピック