お電話でのご意見・ご相談は
  • 東 京 (03)3541-2811
  • 大 阪 (06)6344-5811
  • 名古屋 (052)221-5337

9:30~12:00/13:00~17:00 (平日)

※ご相談内容を正確に把握するため、通話を録音させていただくことがあります。

文字サイズ

プライバシーポリシー
  1. HOME
  2. プライバシーポリシー

プライバシー・ポリシー(個人情報保護方針)
公益社団法人 日本広告審査機構

 公益社団法人日本広告審査機構(以下、「当機構」という)は、高度情報通信社会における個人情報保護の重要性を認識し、以下の方針に基づいて個人情報の保護に努めます。(この方針は、個人情報保護法に基づいています)

1.個人情報について

 個人情報の範囲は、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む)といたします。

2.個人情報の取得について

 当機構は、適法かつ公正な手段によって、個人情報を取得いたします。

3.個人情報の利用について

 当機構は事業活動の過程で収集した個人情報を、相談・審査処理業務における各種連絡、また会員管理業務における名簿の作成、各種案内状、機関誌、アンケート等の送付など、当機構事業活動およびサービス提供とこれに付随する業務を行う目的の範囲内で利用させていただきます。

4.個人情報の第三者提供について

 当機構は、法令に定める場合を除き、個人情報を、事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供いたしません。

5.業務委託に関して

 当機構は、個人情報の取り扱いを第三者に委託する場合には、当機構保護規程に基づき、個人情報保護をさせるために、適正な監督を行います。

6.個人情報の管理について

  • 当機構は、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理いたします。
  • 当機構は、個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏えいなどを防止するため、不正アクセス、コンピュータウイルス等に対する適正な情報セキュリティ対策を講じます。
  • 当機構は、個人情報を持ち出し、外部へ送信する等により漏えいさせません。

7.個人情報の開示・訂正・利用停止・消去について

 当機構は、本人が自己の個人情報について、開示・訂正・利用停止・消去等を求める権利を有していることを確認し、これらの要求がある場合には速やかに対応いたします。

8.組織・体制

  • 当機構は、個人情報保護管理者を任命し、個人情報の適正な管理を実施いたします。
  • 当機構は、役員および職員に対し、個人情報の保護および適正な管理方法についての教育等を実施し、日常業務における個人情報の適正な取り扱いを徹底します。

9.個人情報保護コンプライアンス・プログラムの策定・実施・維持・改善

 当機構は、この方針を実行するため、個人情報保護コンプライアンス・プログラム(本方針、『個人情報保護規程』およびその他の規程、規則を含む)を策定し、これを当機構職員その他関係者に周知徹底させて実施し、維持し、継続的に改善いたします。