JARO 公益社団法人 日本広告審査機構

JARO 公益社団法人 日本広告審査機構

メニュー

とじる

広告トピックADVERTISING TOPIC

海外からのエアメールなどの郵便物のイメージ写真

その他

海外宝くじのダイレクトメールが届いたが、信用してよい?

  • 「海外宝くじで14億円獲得のチャンス! いますぐ2,000円を振り込んで・・・」というダイレクトメールが届きました。信用してよいのでしょうか。
  • 海外で発行している宝くじは、海外旅行の旅先の購入であれば問題はないのですが、日本で購入することは法律に違反します。刑法187条は、富くじを禁止しています。
    (1)「発売」は、2年以下の懲役または150万円以下の罰金
    (2)「発売の取り次ぎ」は1年以下の懲役または100万円以下の罰金
    (3)「授受」は20万円以下の罰金または科料としている。
     たとえ、いたずら半分に購入しても(3)授受の禁止に抵触することになります。ダイレクトメールだけでなく、インターネット上の取引でも同じです。もし当選して賞金を獲得したとしても、犯罪行為で得たものとして没収される可能性があります。また取次業者が、自分の懐に入れてしまう可能性も否定できません。被害者になる恐れがあるばかりか、犯罪に問われる可能性も大きいですからご注意ください。

関連するトピック