お電話でのご意見・ご相談は
  • 東 京 (03)3541-2811
  • 大 阪 (06)6344-5811
  • 名古屋 (052)221-5337

9:30~12:00/13:00~17:00 (平日)

※ご相談内容を正確に把握するため、通話を録音させていただくことがあります。

文字サイズ

一般向け情報
  1. HOME
  2. 一般向け情報
  3. 最近の審査トピックス
最近の審査トピックス

< 『最新の審査トピックス』一覧に戻る

閉店しない「閉店セール」もある?
 
2015.1.30 相談事例

 「『閉店セール』と看板に大きく表示している店があるが、一向に閉店しない。問題ではないか」との苦情がJAROに寄せられることがある。もちろん、「閉店セール」とうたうことが全て問題なわけではない。「閉店」という表示に法的な定義がないため、店側が考える「閉店」の意味と消費者が「閉店」という表示から受ける意味とに、乖離が生じることが多い。

例1「閉店セール」とうたっており、本当に2週間後に閉店した。 この場合は本当のことをうたっており、事実に即した表示であって問題とは言えない。

例2「閉店セール」とうたっており、3ヶ月以上も同様の表示をしているが、一向に閉店する様子がない。 店側に連絡すると「閉店予定であったが、社内事情により時期が延びてしまった」との回答。何らかの事情がある場合でも、長期にわたり「閉店セール」を続ける場合は、景品表示法上、問題となるおそれがある。

例3「閉店セール」とうたっており、実際は何年も閉店していない。 全く閉店する予定もないのに「閉店セール」とうたうことは、「在庫処分のために安く販売しているだろう」という誤認を消費者に与え、景品表示法上の不当表示となるおそれがある。

 また、何年も「閉店セール」と表示しながら半年に1回程度、棚卸しを目的として数日間休業を繰り返し、それを「改装のための閉店」と定義付けている店も存在する。「閉店セール」とうたうために根拠を自作するようなやり方は望ましくない。
 自宅に近い店であれば、年中「閉店セール」を実施している悪質な「閉店商法」だと知っている住民は多い。しかし、出かけた先の初めての店等ではその店の実態は分からない。閉店することへの同情心や、通常価格より格別に安いと思い込んで、大量買いしてしまうケースがあるようだ。購入を決める前に、地元の人にどのくらいの期間「閉店セール」と表示されているか等、その店の評判を尋ねてみることをお勧めしたい。

< 『分類別のご相談例』閉店しないのに「閉店セール」との表示は、誤解を招くのでは?

< 『最新の審査トピックス』一覧に戻る