お電話でのご意見・ご相談は
  • 東 京 (03)3541-2811
  • 大 阪 (06)6344-5811
  • 名古屋 (052)221-5337

9:30~12:00/13:00~17:00 (平日)

※ご相談内容を正確に把握するため、通話を録音させていただくことがあります。

文字サイズ

一般向け情報
  1. HOME
  2. 一般向け情報
  3. 最近の審査トピックス
最近の審査トピックス

< 『最新の審査トピックス』一覧に戻る

「わき見運転をしても大丈夫」と誤解させる恐れ
2013.05.30 審査事例

 自動車会社A社の自動車BのテレビCMは、運転中のドライバーがわき見運転をして前の車に追突しそうになるが、「衝突被害軽減ブレーキ」を搭載しているので自動でブレーキがかかり大丈夫だった、との映像表現がある。これは、一歩間違えば重大な人身事故になりかねないもので、自動車会社のCMとは思えないと腹が立った。あたかも「わき見運転をしても大丈夫」と誤認させる恐れがあり問題だと思う。

 A社に照会したところ、「このCMの意図としては決してわき見運転を助長しているわけではない。運転中、どんなに注意をしていても、突然発生した何らかの事象に注意を奪われて、危険な思いをしてしまうことは、ドライバーであれば誰にでも起こり得る。そのような、万が一の場合に、サポートをする機能がついていることを訴求している。しかし、今回のようなご指摘もあり、誤解を受ける可能性のある箇所は修正することを検討する。なお、衝突被害軽減ブレーキのシステムは、フロントウィンドウ上部に内蔵されたレーザーセンサーが、前方の車両や障害物を検知し、ドライバーが回避作業を行わない場合に、自動的にブレーキを作動するシステムである。低速走行時の追突の危険回避、もしくは被害軽減のためのシステムであり、時速5〜30km未満の速度域の際に作動する。歩行者、小型の障害物には反応しない。他社事例を参考に、CMの注釈部分に注意事項を記載していたが、具体的な速度域についても、次回の改訂で追加する予定である」との回答があった。

 しかしながら、当該CMの表現は、よそ見をしていても衝突の危険が回避できることを強調しており、車の安全性について一般消費者の誤認をまねく恐れがある。また、当該CMにおけるブレーキ機能に関する表示は、表示時間がとても短く一般消費者が説明を全て読み取ることは困難である。しかも、「5〜30km未満の速度域の際に作動をする」ことについては説明がないことから、どのような場合においてもブレーキが作動するとの誤認をまねく恐れがある。
 当該表示は自動車業における表示に関する公正競争規約第5条第6号(特定事項の表示基準 安全、環境、衛生)の規定に抵触する恐れがあり、また同規約第7条第2号(不当表示の禁止)にも抵触する恐れがある。
 今後は適正な広告・表示を行うようA社に要請した。

< 『最新の審査トピックス』一覧に戻る