お電話でのご意見・ご相談は
  • 東 京 (03)3541-2811
  • 大 阪 (06)6344-5811
  • 名古屋 (052)221-5337

9:30~12:00/13:00~17:00 (平日)

※ご相談内容を正確に把握するため、通話を録音させていただくことがあります。

文字サイズ

一般向け情報
  1. HOME
  2. 一般向け情報
  3. 最近の審査トピックス
最近の審査トピックス

< 『最新の審査トピックス』一覧に戻る

サプリメントの摂取のみで痩せるかと思いきや(健康食品)
2013.05.02 審査事例

A社の「サプリメントB」のテレビCMは、「以前は85kgくらいあった」などという女性が、「今では『サプリメントB』のおかげですっかりスリムになった」などと語り、雑誌記事の引用と思われるカットの中には「寝る前の○○サプリでデトックス」「寝ながら代謝アップを狙っています!」との表示があった。「サプリメントB」を飲むだけで簡単に痩せられるような内容だったのでA社に電話したところ、オペレーターに「3カ月目から効果が出ます」と言われ、「サプリメントB」を購入した。しかし、3カ月以上飲んでも全く痩せず、友人5人で購入したが誰一人として効果が出なかった。
 今考えれば、「太っていたが商品Bのおかげでスリムになった」という女性の話には何の確証もなく、問題がある広告だと思う。

A社に照会したところ、「今回ご指摘いただいたCMについては、弊社は薬事法を順守し、商品の薬理的な作用によって痩せたというCMにはしていないという認識です。ご指摘の『以前は85kgくらいあった』は愛用者個人の感想にとどめており、事実ベースで表現しています。『○kg痩せた』ではなく、過去の実体重や太ってしまった事実などの表現で工夫しました。しかし、クレームが起きたことは真摯に受け止め、『※本商品と適切な食事管理・運動を行った結果です』などの文言を追加し、問題と思われる表現は改善したいと考えています」との回答があった。
 しかしながら、雑誌記事の引用と思われるカットの中にある「寝る前の○○サプリでデトックス」「寝ながら代謝アップを狙っています!」との表示や、広告の随所に見られる当該サプリメントの摂取のみで痩身効果が得られるかのように受け取れる表現は、医薬品的な効能効果の標ぼうと見なされ、薬事法第68条(承認前の医薬品等の広告の禁止)に抵触する恐れがある。
 また、体験者が適切な食事管理と運動を併用して痩せたのであれば、そのことを説明せずに痩身効果を標ぼうすることは、一般消費者に「サプリメントB」の摂取のみで痩身効果が得られると誤認される恐れがあり、景品表示法第4条第1項第1号(不当な表示・優良誤認)に抵触する恐れがある。
 今後は法令を順守し適正な広告・表示を行うよう警告した。

※広告主は今後「※本商品と適切な食事管理・運動を行った結果です」などの文言を追加するとのことであり、それらの文言が追加されれば景品表示法に抵触する問題は回避されると思われる。

< 『最新の審査トピックス』一覧に戻る