お電話でのご意見・ご相談は
  • 東 京 (03)3541-2811
  • 大 阪 (06)6344-5811
  • 名古屋 (052)221-5337

9:30~12:00/13:00~17:00 (平日)

※ご相談内容を正確に把握するため、通話を録音させていただくことがあります。

文字サイズ

一般向け情報
  1. HOME
  2. 一般向け情報
  3. 最近の審査トピックス
最近の審査トピックス

< 『最新の審査トピックス』一覧に戻る

「商品名」が書かれていない広告がある?
2012.09.24 相談事例

記事のような体裁をとった折込広告が入っていた。「○○成分で痛みが取れた」「○○(身体の部位の名称)が再生」などと書いてあるが、商品名は書いていない。大げさな広告に当たらないのか。

このように商品名を明示せず、その成分のみを表示して効能効果をうたう広告手法は、昔から折込広告等で行われており、現在でも問題ではないかとの意見が寄せられている。一見すると記事のようであり、その成分がいかに体に良いかを体験談等を用いて強調していることが多い。

通常、健康食品の「商品広告」で効能効果をうたった場合には薬事法に抵触するが、この折込広告には「商品名」が記載されていない。「商品名」の記載がなければ、薬事法上は「広告」とは見なされないのである。まさに法律の網をかいくぐる広告手法といえるだろう。

内容を信じた人が、表示されている電話番号に連絡すると、住所・氏名などを細かく聞かれ、登録をさせた上で健康食品の購入を迫るようなやり方が多いようである。「商品名」を明示せず、配合成分の効能効果等を誇張した記事を見た際は、是非気を付けていただきたい。

< 『最新の審査トピックス』一覧に戻る