お電話でのご意見・ご相談は
  • 東 京 (03)3541-2811
  • 大 阪 (06)6344-5811
  • 名古屋 (052)221-5337

9:30~12:00/13:00~17:00 (平日)

※ご相談内容を正確に把握するため、通話を録音させていただくことがあります。

文字サイズ

一般向け情報
  1. HOME
  2. 一般向け情報
  3. 最近の審査トピックス
最近の審査トピックス

< 『最新の審査トピックス』一覧に戻る

生菓子のネット通販で期限表示をする決まりはあるか?
2012.05.24 相談事例

昨今、ネット通販で生菓子をお取り寄せすることが人気である。しかし「生菓子を注文したら、届いたその当日が消費期限だった」など、期限表示をめぐるトラブルが多い。

JAS法に基づく基準により、商品本体への期限表示は定められている。表示には消費期限、賞味期限があり、「消費期限」とは、期限内に食べ切った方がよい期間であり、製造日からおおよそ5日間で、傷みやすい食品に表示されている。また「賞味期限」は、期限内であればおいしく食べられる期間であり、品質が保持される期間が比較的長いものに表示されている。

広告には、上記のような期限表示の義務がないため、現在では広告の仕方は広告主の判断に任されている。大手の通販サイトでは、生菓子を冷凍するなどの工夫をして期限を延ばしているが、日本全国を対象にした場合、配送に数日かかることも少なくなく、トラブルになりやすい。

また、さまざまな規模の菓子店がネットを利用して通販をしているため、広告に適切な表示がされていないこともあるようだ。

生菓子等を通信販売で購入される際は、冷凍なのか、そうでなければ期限の目安は何日なのかなど、広告・表示をきちんと確認し、表示が不十分な場合は業者へ直接、問い合わせることをお勧めしたい。

< 『最新の審査トピックス』一覧に戻る