お電話でのご意見・ご相談は
  • 東 京 (03)3541-2811
  • 大 阪 (06)6344-5811
  • 名古屋 (052)221-5337

9:30~12:00/13:00~17:00 (平日)

※ご相談内容を正確に把握するため、通話を録音させていただくことがあります。

文字サイズ

一般向け情報
JAROの広告

 JAROは広告・表示の意見を受け付ける窓口の案内や、活動内容の理解を深めてもらうため、各種広告を制作しています。これらの広告は会員媒体社の協力により無料で掲載・放送されています。

新CM「JAROの歌」編、「ダメダメ三匹の歌」編を放送中

 JAROのテレビ・ラジオCMが新しくなりました。

 今回は1992年以来となる「うそ、大げさ、まぎらわしい」という懐かしいフレーズが復活。嘘つき「ウソぴょん」、大げさな「コダイ」、まぎらわしい「まぎらワシ」という3匹の着ぐるみキャラクターがコミカルに踊り、「広告で彼らを見つけたらJAROへ」と歌で呼び掛ける内容です。

 音楽は樋口太陽さん、3匹の声は小田久史さん、前野智昭さん、西村知道さん、ナレーションは相田さやかさんが担当してくれました。

 テレビは8タイプ(15秒2タイプ、30秒6タイプ)、ラジオは5タイプ(20秒2タイプ、40秒3タイプ)があり、全国の会員放送局のご協力で6月1日から放送しています。

テレビCM15秒

テレビCM30秒

ラジオCM20秒

  • 「JAROの歌」篇20秒
  • 「ダメダメ3匹紹介」篇20秒

ラジオCM40秒

  • 「JAROの歌(ウソぴょん)」篇40秒
  • 「JAROの歌(コダイ)」篇40秒
  • 「JAROの歌(まぎらワシ)」篇40秒
JAROの新聞・雑誌広告

 新聞・雑誌広告「ふくろう編」は、メインビジュアルにふくろう、キャッチコピーに「JAROってなんじゃろ」を使用しています。ふくろうは聴力が優れ、360度の視野があること、また、知恵の象徴、守り神とされていることから、「広告・表示のフェアプレイを推進する」というJAROのビジョンに合致すると思い採用しました。
 「JAROってなんじゃろ」のコピーは、1984年制作の「小鳥の歌編」、1985年制作の「白雪姫編」の2編で使用していたものです。平成27年に制作したテレビ・ラジオCM「歌うじゃろ」シリーズで30年振りに復活させ、新聞・雑誌広告でもそのコピーを採用しました。
 会員媒体社の協力のもと、6月1日から掲載しています。

雑誌広告[ふくろう編]
 
新聞広告[ふくろう編]
 
JAROのバナー広告

バナー広告は2種類で、サイズはいろいろあります。

[キャラクター編]

キャラクター編

[ご意見箱編]

ご意見箱編