お電話でのご意見・ご相談は
  • 東 京 (03)3541-2811
  • 大 阪 (06)6344-5811
  • 名古屋 (052)221-5337

9:30~12:00/13:00~17:00 (平日)

※ご相談内容を正確に把握するため、通話を録音させていただくことがあります。

文字サイズ

一般向け情報
  1. HOME
  2. 一般向け情報
  3. 分類別のご相談例
  4. 「温泉」との表示には、どのような規制があるか?

「温泉」との表示には、どのような規制があるか?

温泉

銭湯の看板に「温泉」と表示されているが、泉質が水道水のようであり、とても温泉とは思えない。「温泉」との表示には、どのような規制があるか。

「温泉」とは温泉法にて定められており、地中からゆう出する温水、鉱水および水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)であり、温度(温泉源から採取されるときの温度)が摂氏25度以上、またはリチウムイオンなどの定められた物質のうちの一つを、一定量以上有するものをいう。

 「温泉の成分等の掲示」については、温泉法第18条にて、施設内の分かりやすい場所に、温泉名、泉質、禁忌症、入浴または飲用上の注意などの掲示項目が定められている。平成16年に各地で発覚した有名温泉の不当表示事件により、温泉法施行規則が改正された。これにより、従来の掲示項目に加えて、温泉成分に影響を与える次の項目について、追加掲示することが定められた。
(1)温泉に水を加える場合
(2)温泉を加温する場合
(3)温泉を循環させる場合(ろ過を実施している場合)は、その旨とその理由について
(4)温泉に入浴剤を加えている場合は入浴剤の名称とその理由、消毒している場合は消毒の方法とその理由

 なお、上記は施設内の掲示に関する規定だが、広告において、温泉ではないにも関わらず「温泉」とうたったり、加水・加温しているにも関わらず「源泉100パーセント」「天然温泉100パーセント」などとうたえば、景品表示法に抵触する恐れがある。

平成23年4月1日掲載