お電話でのご意見・ご相談は
  • 東 京 (03)3541-2811
  • 大 阪 (06)6344-5811
  • 名古屋 (052)221-5337

9:30~12:00/13:00~17:00 (平日)

※ご相談内容を正確に把握するため、通話を録音させていただくことがあります。

文字サイズ

一般向け情報
  1. HOME
  2. 一般向け情報
  3. 分類別のご相談例
  4. 条件が複数あるのに「新規契約が0円」と書くのは問題では?

条件が複数あるのに「新規契約が0円」と書くのは問題では?

携帯電話販売店

携帯電話販売店の折込広告に、A社製3機種の携帯電話については「春のキャンペーンで、ぜーんぶ新規契約が0円」とあったので、対象商品であるB機種を購入するため店頭に出向いた。新規契約なので当然0円になると思っていたが、「この機種の場合は11,500円かかる。0円にするためには春のキャンペーンの割引条件を適用した場合である」と言われた。店側は、新規契約が0円となるのは、広告上部に記載された「若者割引○○円」「卒業割引○○円」「家族割引○○円」「ワンセグ割引○○円」を適用した結果であると説明するが、広告には割引価格が表示されているだけで、新規契約0円がこれらの割引価格を適用するとは認識できず、単純に0円となると思った。分かりにくい広告である。

広告主に照会したところ、「0円になるには四つの割引条件を全て適用した場合である」との回答があった。
 しかしながら、当該広告は各種割引の金額が表示されているものの、その割引条件と0円との関連性が不明りょうであり、対象機種であれば、あたかも無条件で0円になるかのように誤認させる。

 実際には、これら四つの割引には条件があるので適用される人は僅少であると推測されるものだった。また、割引キャンペーンの適用となる対象者などの前提条件を近接して明示しないことは、一般消費者に他の事業者のものより著しく有利であるかのように誤認させることとなり、景品表示法第4条第1項第2号(不当な表示の禁止・有利誤認)に抵触する恐れがあると考える。
 今後は関連法令を順守した適正な広告活動を行うよう警告した。

平成23年4月1日掲載