お電話でのご意見・ご相談は
  • 東 京 (03)3541-2811
  • 大 阪 (06)6344-5811
  • 名古屋 (052)221-5337

9:30~12:00/13:00~17:00 (平日)

※ご相談内容を正確に把握するため、通話を録音させていただくことがあります。

文字サイズ

一般向け情報
  1. HOME
  2. 一般向け情報
  3. 分類別のご相談例
  4. 「忠犬ハチ公」の彫像を広告に使っても問題ないか?

「忠犬ハチ公」の彫像を広告に使っても問題ないか?

屋外の彫像

渋谷駅前の「忠犬ハチ公」の彫像を広告の一部に使いたいが、問題はないか。

 「忠犬ハチ公」の銅像は、著作権上の保護期間(50年)が既に経過していると思われるため、撮影した写真を使用することは著作権法上問題になることはないと思われる。
 一般に、著作権法では、公開の美術の著作物等として第46条で下記のように定めている。

 第46条 美術の著作物でその原作品が前条第2項に規定する屋外の場所に恒常的に設置されているもの又は建築の著作物は、次に掲げる場合を除き、いずれの方法によるかを問わず、利用することができる。
 1.彫刻を複製し、又はその増製物の譲渡により公衆に提供する場合
 2.建築の著作物を建築により複製し、又はその複製物の譲渡により公衆に提供する場合
 3.前条第2項に規定する屋外の場所に恒常的に設置するために複製する場合
 4.専ら美術の著作物の複製物の販売を目的として複製し、又はその複製物を販売する場合
 
 以上のことから、公開の美術品などの写真を広告に使用する場合、写真の撮影者(著作権者)の許諾を得ていれば、著作権法上の問題はないと思われる。
 ただし近年は、誰もが知り得る著作物(美術品、建築物)を第三者が写真などで使用する場合、顧客吸引力や経済的価値が高いことを理由に、パブリシティ権を主張するケースが見られる。通常パブリシティ権は肖像権など「ヒト」に認められているもので、「モノ」には認められていない。しかし、上記の理由から建築物や美術品の所有者などから「モノ」に対するパブリシティ権、いわゆる「物パブ」に対する経済的対価を求められるケースがある。
 そのため、公開の美術品などの写真を広告に使用する場合は、対象となる所有者や製作者、またはその作品の管理会社に許諾を求めるべきである。

平成23年4月1日掲載